同じドコモの回線を使用しているはずなのに。。。

仮に格安SIMを使うことができれば、携帯代の削減ができます。

大手キャリアだと月額6000円以上もかかる通信費ですが、格安SIMだと月々1000円なんていう費用に。

いったん、見直しを考えてみてもいいかもしれませんね。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

スマホやタブレットにはSIMロックされているものと、SIMロックフリーのものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、他の会社のSIMは使えないSIMロックが施されています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、NTTdocomoの場合は、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安SIMを利用することができます。

ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。

格安SIMはちょっと不安という方や、ベースとして使って行けるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、大手キャリアが提供している格安SIMを選択するというのもありですね。

SIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、softbankではUSIMカードと言われているICカードのことを指しています。

携帯端末に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、最近注目されるようになっています。

一般的には帯域が太い場合には、利用者が増加しても、通信速度は低下せず、設備投資がしっかりしていれば、データを素早く処理できるためアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、値段だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できる会社を選ぶ必要があることが分かります。

今、格安SIMを販売しているだいたいの仮想移動体通信事業者は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

そのため、仕様としての通信速度は「最大150Mbps」など、どのMVNOも大差はない状態です。

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

具体例として昼休みの時間帯に通信速度を測ると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

さまざまなMVNOも同じドコモの回線を使用しているはずなのに、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、回線の帯域である太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

「データ回線帯域の太さ」と「設備」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

実は、スマートフォンにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。

これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。

でも、ソフトバンクとauのものは残念ながら使えません。

そんな時は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMロック解除をなんとかする、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。

PR:テザリングと格安SIM。xperiaで接続する方法