大きな違いで出る理由はどこにあるの

そもそもSIMとは、ドコモではUIMカード、KDDIでは、auICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと言われているIC型のカードのことです。

スマホなどに、大手携帯会社のものではなく、格安SIMを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近よく話題に挙がるようになりました。

仮に格安SIMを使うことができれば、スマホ料金を安くすることができます。

通常だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、MVNOだと月額1000円以下なんていう料金になることが。

一度、検討してみても良いかもしれません。

キャリアから購入したスマホやネットワーク接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、SIMロックフリーのものがある。

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの会社が売っている端末は、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMロックというものが設定されています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)のSIMカードを使うことができます。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

格安SIM初心者の方や、ベースとして使って行けるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、NTTdocomoやauから出ている格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

今、格安SIMを販売している多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

したがって、スペック上の速度は最大でも150M程度など、何処でも大きな違いはない状態です。

とはいえ、速度を実際に計ってみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

一例を挙げるとランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

どの事業者もdocomoの回線を使用しているにも関わらず、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

その理由として通信速度は、回線の帯域である太さと通信の設備に影響されるからです。

この「回線帯域の太さ」と「設備の品質」とは会社によって異なるものです。

一般に、帯域が太ければ一気にアクセスが増加しても、速度低下に陥ることがなく、設備投資がしっかりしていれば、安定したデータ処理ができるので利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、料金だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できる会社を選ぶ必要があることが分かります。

データ通信が安くできる格安SIM。

月額1000円前後の格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、インターネットやメールは問題なくできます。

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

auやソフトバンクのiPhoneはなんと使うことが出来ないのです。

その場合は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、ロックを解除する、下駄などを使って何とか認識させることになります。

実際にはスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMの場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

おすすめ⇒9MB以下の使える格安SIMのかけ放題と無制限

コメントを残す