「回線帯域の太さ」と通信設備に大きく影響

SIMとは何かというとドコモでは「UIMカード」、au(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクでは「USIMカード」と言われているIC型のカードのことです。

携帯端末に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、最近よく話題に挙がるようになりました。

通常のスマホやタブレットにはSIMロックされているものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモの端末であれば、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。

ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。

安いサービスはちょっと心配という方や、これのみで使っていくためにしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選ぶことをオススメします。

低価格でデータ通信できる格安SIM。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、インターネットやメールは問題なくできます。

低価格のSIMを使うことができれば、月々の通信費を抑えることができます。

au等ですと6000円以上かかる料金が、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと1000円未満なんていう料金になることが。

一度、確認してみても良いかもしれません。

iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。

docomo回線の事業者であれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

auやソフトバンクのiPhoneはそのままでは使えません。

それでも使いたい場合は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、ロックを解除する、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

今現在、格安SIM、スマホを販売するたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、サービスのスペックとしての通信の速度は最大150Mbpsなど、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

具体例として利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

どの事業者もdocomoの回線を使用しているにも関わらず、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、「回線帯域の太さ」と通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「太い回線帯域」とこの「設備」とはMVNOによって異なっています。

実際にはスマホにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。

これは、スマートフォンでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

普通は、データ回線がふとければユーザーが一気に増えたとしても、速度が低下しにくく、しっかりとした設備であれば、データを素早く処理できるためユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。

したがって事業者を選定の際には、安ければ良いということではなくサービス品質も考慮して事業者を選択する必要があることが分かります。

PR:テザリングで格安SIMのおすすめのところとは?

コメントを残す