格安SIMはちょっと不安という方

安価にデータ通信ができる格安SIM。

月額1000円前後の格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

格安SIMはちょっと不安という方や、ベースとして使って行けるしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、大手キャリアが提供している格安SIMを選ぶことをオススメします。

格安のSIMを売っている多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

そのため、仕様としてのデータ通信速度は最大で150Mなど、どこも同じような感じになっています。

とはいえ、速度を実際に計ってみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

例えば、ランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。

どの事業者もドコモのネットワークを使用しているはずですが、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、「回線帯域の太さ」と「通信設備」に影響されることがあります。

この「回線帯域の太さ」と「通信設備」は会社によって異なるものです。

一般的には帯域が太い場合には、ユーザーやアクセスが増加しても、通信速度は下がることなく、設備にきちんと投資をしていれば、通信データを安定して供給できるので、ユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。

以上のことから会社を選ぶ際は、安ければ良いということではなく安定したサービスを提供出来るサービスを選定する必要があることが分かります。

こちらもどうぞ⇒格安SIMを家族とシェアするためにしっておきたいこと

コメントを残す