スマートフォンはAPNの設定がプリセットされている

ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。

格安SIMはちょっと不安という方や、これのみで使っていくためにきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

docomo回線の事業者であれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneは実は使えないのです。

そんな時は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMロック解除をなんとかする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

データ通信が安くできる格安SIM。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

あなたが格安SIMに切り替えれば、スマホ料金を安くすることができます。

通常だと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、格安のSIMを使うと月に1000円程度ということも。

いったん、検討してみてもいいのではないでしょうか。

SIMとは何かというとNTTdocomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」と言われている小型のICカード「SIMカード」のことです。

携帯電話に、大手キャリアのものではなく、格安SIMを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近注目されるようになっています。

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、利用者が増加しても、通信速度は下がることなく、設備にきちんと投資をしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

したがって事業者を選定の際には、価格だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できるサービスを選定する必要があることが分かります。

通常のスマホやタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、SIMロックフリーのものがある。

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、SIMを他社のものが使えないSIMロックが施されています。

ただし、SIMロックが設定されていても、ドコモの端末であれば、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMを利用することができます。

実際にはスマホにSIMカードをいれただけでは、使うことはできないのです。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

現在、格安SIM・格安スマホを提供するおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。

そのため、サービスのスペックとしてのデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

しかし、実際の通信速度を調べてみるとMVNOによって大きく異なるんです。

例をあげると、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

いろいろな仮想移動体通信業者も同一のドコモ回線を使っているのにこの差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、「回線帯域の太さ」と設備のところに影響を受けるということがあります。

「データ回線帯域の太さ」と「通信の設備」は各社によって違ってくるものです。

もっと詳しく⇒家族と格安SIM。そのとき割引は?

コメントを残す