問題ないペットフードであれば、ウェブサイトに大きく記載されています

ペットのごはんは、人が食べても大丈夫なものを選びましょう。

犬の健康に良くないドッグフードと言うのは、基準値以上(法律で定められた以上)の農薬が残っていて出荷できない野菜など、人に有害な食材が含まれています。

人間の体に害のあるものは、人より内臓機能が劣る犬たちにとっても良いはずがありません。

また、新鮮な材料を使っているドッグフードは、犬などのペットの食いつきも良いので、添加物など、良くないものでの加工の必要は無いのです。

ただし、飼い主が試食するわけにもいきませんよね。

ペットの食事に使われている肉、野菜などが新鮮かどうか、人間が口に入れても大丈夫なものかは、製造元ウェブサイトに記載されているので、確認すると良いでしょう。

問題ないペットフードであれば、ウェブサイトに大きく記載されています。

ペットフードはスーパーまたはペットショップなどで買えるもっとも一般的なペットフードには、袋入りの乾燥した固形のドライタイプと、缶または真空パックの柔らかなウェットタイプの二種類があります。

ドライタイプでは水分が6%から10%程度に抑えられる一方、ウェットでは6割から9割程度水分が含まれています。

なお、半生タイプの水分量は25%から35%程度と言われています。

ドライタイプのメリットは開封しても保存でき、手軽さと価格の安さから人気があります。

ウェットタイプは開封しちゃうと長持ちしないので、ちょっとコスト的にはかかるかもしれません。

えさで一番大切なのは、バランスがとれた栄養であることです。

ペットのご飯といってもペットショップやホームセンターに行けば様々なものがあり、選ぶのも大変だと思います。

動物の体が必要とする栄養素は、炭水化物、脂質やビタミンなどと人と変わりありませんが、人間と犬と猫では最適な栄養バランスは違ったりします。

犬のお食事の回数は朝と晩の1日1~2回が基本線ですが、もしできることなら1日の量を3回以上に分けてあげてください。

ちびちび食べることで消化吸収もしやすく変わるのです。

それ以外に犬はご飯のボリュームよりも頻度で満足感を得ると言われています。

ごはんがもらえる回数が多いほど、犬にすると幸せな時間が、アップして心もおなかも喜びます。

詳しく調べたい方はこちら⇒犬 餌 タイマー

コメントを残す