友達と話していたら、葉酸サプリの話題が出ました

葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、血液を作る作用があります。

この作用は妊娠にも有効で、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠のチャンスが直接的に増えるため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。

それに、血液が増えると新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、生殖機能そのものが底上げされ、不妊対策に良い結果をもたらすのです。

金銭的負担が大きい不妊治療ですが、精神的に参ってしまう人も少なくありません。

行政からの助成金があるものの、だいたい40歳以上になると給付回数が減らされる例が多いのが実情です。

第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですよね。

だからこそ、支給回数を減らすのはナンセンスだと感じます。

実は私自身もすでにアラフォーですので、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、ストレスも限界です。

友達と話していたら、葉酸サプリの話題が出ました。

使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが一番良いと、目をつけているようでした。

葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、赤ちゃんにも良いと知っていたので、妊娠したと言っていた友達に勧めました。

友達には悲しんで欲しくないですし、おなかの赤ちゃんがすくすく育って、無事に生まれるといいなと思っているんです。

妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。

ですが、他にも亜鉛が大変重要な働きをしますので、忘れずに摂取するようにしましょう。

その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。

女性のみならず男性が摂取した場合、精子が活性化することをサポートする効果があるのです。

健康な赤ちゃんを授かることの出来るように、夫婦での亜鉛摂取を試してみてください。

ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。

ヨガはダイエットやスタイルキープのために行うと思っている方も多いかもしれませんが、妊活にも大変効果が高いのです。

ヨガによって血行が良くなると、ストレスの解消にもつながります。

さらに乱れがちな自律神経を正常にするため、ホルモンバランスが整っていくのです。

「妊活 ヨガ」で検索すると、妊活に適したヨガの動画が見られますから、自宅でも行えますし、少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、身体を柔らかくほぐし、代謝を上げることが出来ます。

これは、身体のケアと共に、こころの安定を図ってくれますので、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。

妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素だからといって、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。

中でもサプリは普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が含有していますから、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしましょう。

葉酸が過剰に体に蓄積されることで、食欲不振や吐き気といった副作用が出ることがあるとの報告があります。

胎児への影響としては、喘息にかかりやすくなるというケースもあるようです。

熱によって失われやすい葉酸は、食べ物から摂取する場合、調理には気を付けてほしいポイントがあります。

それは、出来るだけ加熱を避けるという事ですね。

葉酸摂取を目的とする場合、野菜や果実などの、そのままで食べられる食材を選ぶのもポイントです。

とはいえ、加熱が必要な食材やメニューの場合、短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、早めの加熱調理で終わらせた方が良いでしょう。

もし面倒だな、と感じる方はサプリによる葉酸摂取が手間がかからず良いと思います。

葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。

しかし、葉酸だけを摂っても不十分です。

葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリによる葉酸摂取を考えている方は、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が複数配合されたサプリを選びましょう。

具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリであれば不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。

妊娠しやすい体になるために、妊娠を計画している女性は摂取をオススメします。

一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。

長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、言えば不機嫌になりそうだったので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。

月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、妊娠できなくて、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、私の場合はそれが良かったのでしょう。

服用後2か月には二人目の妊娠が判明。

やったぁ!と思いました。

嬉しかったです。

妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することで胎児の健やかな成長を促し、先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が科学的な研究によって、明らかになっています。

そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生労働省が勧告しています。

実際に葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品として、妊婦に特に利用されているといったことも多いです。

PRサイト:ビタミンDが含まれたサプリを乳児に

コメントを残す