低価格のSIMを使うことができれば、携帯電話料金を安くできます

SIMとは何かというとドコモではUIMカード、au(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクでは「USIMカード」と言われている小さいICカード(SIMカード)のことです。

携帯端末に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、安い料金で使えることがあるため、話題になっているサービスです。

低価格のSIMを使うことができれば、携帯電話料金を安くできます。

ソフトバンク等だと6000円以上かかる料金が、格安SIMだと月額1000円以下なんていう費用に。

ここはひとつ、確認してみても良いと思います。

iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。

MVNOでもドコモ回線のところであれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

しかし、softbankやauのものは残念ながら使えません。

その場合は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、下駄などを使って何とか認識させることになります。

一般的には帯域が太い場合には、利用者が増加しても、ネットワークの速度低下は発生せず、ネットワーク設備がキチンとしていれば、データを素早く処理できるためユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。

したがって事業者を選定の際には、価格だけでなく回線や設備の品質も含めて事業者を選択する必要があることが分かります。

今現在、格安SIM、スマホを販売するほとんどの事業者(MVNO)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、サービスのスペックとしての通信速度は「最大150Mbps」など、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

しかし、実際の通信速度を調べてみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

一例を挙げるとアクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。

いろいろな仮想移動体通信業者もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、帯域の太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。

「データ回線帯域の太さ」とこの「設備」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

安いサービスはちょっと心配という方や、これのみで使っていくために安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、こうした大手通信会社が手がける格安SIMを選択するというのもありですね。

大手キャリアのスマートフォンや外でも接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。

Softbank、au、ドコモなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、他の会社のSIMは使えないロック(SIM)がかかっています。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、docomoの端末の場合は、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)のSIMカードを使うことができます。

実は、スマートフォンにSIMカードをいれただけでは、ネットワークに接続できません。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMの場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

こちらもどうぞ>>>>>格安SIMで家族と通話する

コメントを残す