高速通信を使いきると、通信速度は遅くなります

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

安いサービスはちょっと心配という方や、ベースとして使って行けるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、docomoやKDDIが提供しているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

実は、スマートフォンにSIMをセットしただけではネットワークに接続できません。

それは、端末側でインターネットにつながるための設定がされていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMの場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

MVNOでもドコモ回線のところであれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneはそのままでは使えません。

そうなったら、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、できればSIMロック解除をする、下駄などを使って何とか認識させることになります。

一般的には帯域が太い場合には、利用者が増加しても、通信速度は下がることなく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、データを素早く処理できるため利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、料金だけでなく基盤がしっかりとした会社を選ぶ必要があることが分かります。

低価格のSIMを使うことができれば、携帯電話料金を安くできます。

通常だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、格安のSIMを使うと月々1000円ということも。

とりあえず、確認してみてもいいかもしれませんね。

格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、インターネットやメールは問題なくできます。

通常のスマホやタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMロックが施されています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモ回線を使っている会社のSIMカードを使うことができます。

そもそもSIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードという名前のIC型のカードのことです。

スマホ、タブレットに、大手キャリアのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、通信料が安くつけるので、かなり注目されているわけです。

今現在、格安SIM、スマホを販売するたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

そのため、カタログスペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どこも同じような感じになっています。

でも、実際に速度を比較してみると会社によって違うことが分かります。

例をあげると、昼休みの時間帯に通信速度を測ると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

多くのサービス提供元もdocomoの回線を使用しているにも関わらず、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

その理由として通信速度は、通信回線の帯域の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

この「回線帯域の太さ」と「通信設備」は会社によって異なるものです。

あわせて読むとおすすめ⇒格安SIM!おすすめ通話ができるプランは?

コメントを残す