亜鉛はサプリで摂ることが望ましい

私が知る限り、妊活の際に一番、重要視する事と言えば、食べ物の事ではないでしょうか。

日々の生活習慣を整え、妊活に励んでいる方はいつでも妊娠する可能性があるわけです。

産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんが元気に成長できるように備えておきましょう。

この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大切な栄養素と言えば、葉酸でしょう。

忘れがちですが、妊娠検査キットによって妊娠が確定するより前からお腹の中に新しい命を授かっています。

受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、妊活をしている方は、なるべく早い段階で胎児に十分な葉酸を与えることが出来るよう、食事やサプリ等に気を配ってみてください。

妊活中の女性に対して、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。

葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる危険性があります。

細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。

この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。

食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリで摂ることが望ましいです。

それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?一般的には「妊娠前から授乳期の終わり」までだと言われていますよね。

妊婦にとって、葉酸が不足する時期は、妊娠初期から3か月目までだというのが、よく耳にすると思いますが、母体の健康維持を考える上でも必要な栄養素なので、妊娠を計画している方は、今から葉酸サプリを飲み、授乳を完了するまでサプリを継続的に飲むというのが、一番理想的な葉酸摂取の方法だと言えるでしょう。

なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、食生活を見なおしてみるのは有効だと考えられます。

栄養をもとに卵子も精子も作られているので、食生活が乱れていては充分な活動量を持つ精子や卵子は、期待できませんよね。

妊娠前にも、妊娠後にも役立つことですから、バランス良く健康的な食習慣を続けていくことが大事です。

妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、日本の行政機関である厚生労働省も適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。

では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。

実は葉酸は、水溶性であるため、尿などに混じって排出されています。

ですから、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。

ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうか。

実際には、そういう訳では無く、葉酸を過剰に摂取すると発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。

葉酸サプリは食事での摂取に比べると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。

葉酸サプリを飲む場合には、規定量を必ず確認しましょう。

妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。

亜鉛は卵巣の正常な働きに重要な成分で、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。

妊娠を希望している女性だけでなく、男性側も、十分に亜鉛を摂取するようにしましょう。

亜鉛は卵巣に働きかけるだけでなく、質の高い精子をつくることを助けてくれるんですね。

妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。

今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取をすすめてみてください。

妊婦の方の中でも、葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が大勢居るのではないでしょうか。

しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。

ですから加熱調理してしまうと、熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。

一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が不足している、という場合もあります。

葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、みなさんご存知かと思います。

しかし、どれだけ大切な栄養素だからといって、適切な摂取が必要です。

特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、食品に含まれる葉酸量の数倍もの葉酸が配合されています。

ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。

葉酸が過剰に体に蓄積されることで、母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。

それに、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますから、過剰摂取は禁物ですね。

妊娠することによる体の変化と、必要な栄養素の効果を考えた時、妊娠中はもちろん、妊活期間から十分な摂取が求められる葉酸なのですが、日々の生活に追われていると、葉酸の摂取を怠ってしまう場合もあります。

こうした悩みを解決するために、ぜひおススメしたいのが葉酸サプリです。

サプリであれば、手間なく葉酸を摂取できますから、普段の食事では、葉酸の摂取が不十分だとお悩みの方も心配する事なく、普段通りの生活を送れます。

妊娠初期(妊娠前1ヶ月~妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、大変重要な働きをする栄養素が、葉酸です。

胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、葉酸不足に陥らないようにしてください。

ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。

厚生労働省の発表によりますと1日あたり0.4mgとなっています。

さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。

葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、食事だけで十分かというとあまり現実的ではありません。

ですから葉酸サプリで補給するのが良いと思います。

PR:亜鉛とサプと身長の関係性

コメントを残す